プロフェッショナルファウルの又吉が、過去にネットオークションで購入した商品の中で、惨敗したものを紹介。
なぜ惨敗したのかを分析しつつ、これからネットオークションをしようと試みている若手への黙示録的呟き。

2008年06月25日

モフモフっとした、一見するとまるでイエティのような白い服

kegawaCAHODJU4.jpg

冬用になんかセーター的なもので面白い服ないかなぁとまたもやヤフオクの中にダイブしていた頃です。
好きなブランドを検索ワードに入れてそこから探す、という検索方法をしていたら四時間くらい見続けていてびっくりしたことがあります。確かこれを買ったのがその頃。目を血走らせてヤフオクをしてた頃ですね。

だけどネットで洋服を買うのに注意しなければならないのは、サイジング。試着出来ないので、寸法などを頼りに自分で予想しなければなりません。
商品情報に目を通すと「サイズはフリーとなっております」とのこと。
最大の難関は突破したぜ。へへへ。

写真を見ただけで分かるこのモフモフ感。こいつぁ暖かそうだ!と食いつきました。
値段は・・・まあ荒木飛呂彦先生の「変人偏屈列伝」が定価で三冊は変えるランク。結構しました。
でもこのモフモフ感ならその価格もまた良し!と早速入札、そして無事落札した訳です。



ワクワクしながら着てみました。

身長が、決して高いとは言えない僕にはバランスが悪いことに気づきました。



どこがフリーサイズなんだ。
万人に、ジャンルフリーに使えるもんじゃないのかフリーサイズって。
これは絶対身長が170以上の細身の人が似合うように出来ているよ。ちきしょー。
白という膨張色と服自体がボリューミーに見えるモノだから、明らかにターゲットを細身の人間に絞ってることに後で気づく私。迂闊だった。

でもこの服。手触りなどは評判が良かった。一度もコーディネートを褒められたことは無いが、結構な人に触られる。もちろん自分でも触る。手触りは良い。

だからむしろ、この服が一番活きる使い道は、ラグマットだったりクッションだったりなんじゃないかと思っています。でも私は、この服の値段を知ってるだけにそんな使い道をする勇気は持てないでいます。
とりあえず僕だけが似合わないのは悔しいので、昆君に試しに着こなしてみてもらいました。





モデル意識の昆
konkegawa1CA4NYE4A.jpg







CanCan風の昆
konkegawa2CAI3H9M9.jpg







雲竜型の昆
konkegawa3CAN1L7Y3.jpg


やっぱり似合わないのは僕だけじゃないみたい。少し安心。
残念なことに、今やこの服は押入れの奥の、プロレスのマスクや面白グッズの中に籍を置くこととなっています。
皆さん、身の丈にあった洋服選びを!


posted by 又吉 at 14:34| ☔| 敗戦記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。