プロフェッショナルファウルの又吉が、過去にネットオークションで購入した商品の中で、惨敗したものを紹介。
なぜ惨敗したのかを分析しつつ、これからネットオークションをしようと試みている若手への黙示録的呟き。

2008年07月31日

演技者DVD BOX 2

enngimono.jpg

これに収録されているナイロン100℃で上演された「室温〜夜の音楽〜」が欲しくて、どうせならボックスで買ってやれ、と購入しました。

予想通りもの凄く面白かった。V6のトニセンの三人も頑張ってたし。

だが残りの二つは面白くなかった・・・・・・。残念でしょうがなかった。

トータルで見たら「室温」だけ買ったほうがサイフに優しかったと思います。

「ボックス」という響きと、ボックスに付いて来る「特典映像ディスク」に惹かれて買ってしまったところが敗因だと言える。


面白いものだけでボックス化されていたらありがたいのだが、私が見たいと思うのは各ボックスに一つずつしか入ってない。

これは演技者の策略だろうかと思ってしまう。ちきしょー。


あとボチボチ失敗作が無くなってきました。来週あるかどうか。


posted by 又吉 at 23:55| 🌁| 敗戦記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

天井に水面を映し出すルームパレット

roomparet.JPG



ライト内部が動くことにより、海面のような不思議な光が

天井や壁に優しく映し出されます♪

★角度を自由に設定し、楽しめる癒しのインテリア★




という謳い文句に心揺さ振られたというのもあるんですが、なんてったって室内で海のあのゆらめきが創れるとは!

ってなことで即座に落札した商品です、これ。

これを室内で灯せば、女の子にモテモテ 心休まる事間違いなし!ウキウキしながら室内で試したんです。そしたら・・・


















我が家の天井は木目だった・・・・・・。



















木目・・・・・・。
tennzyoumokume.jpg
















全然映らねえでやんの。

しかも安物のせいなのかライトもかなり微弱。だいぶ天井に近い位置で点けないと部屋の豆球にも負けるほど。確か誰かに上げた気がします。


商品を買うときは、それをどのように使うかをよくイメージして買うこと。これ最初のジョージコックスの時にも書いてたな。
posted by 又吉 at 07:44| 🌁| 敗戦記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

赤と黒の市松模様のジャージ

tegaki1X5.jpg

これは栄えある失敗一発目の品ですね。あまりの悔しさにすぐ捨てた記憶があります。なので今回は手書きでの説明です。あしからず。

赤と黒の配色を用いており値段もそこそこなこのジャージ、なぜ失敗したのかというと・・・・・・、

















やっぱり子供用と知らずに買ってしまったことかしら。
















とりあえず着てみた図
tegaki2.jpg


















ジャージなのに動きづらいってのはおかしい。

この時から僕はネットオークションで細かくサイズを気にするようになりましたね。皆さんも、デザインで「これは大人用に違いない」と勝手に思い込まないように。思い込まないだろうけど。

posted by 又吉 at 07:06| 🌁| 敗戦記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

ベース

base.jpg

音楽とはなんだろうか。

それは空気の振動を通じて、人々の心を振動、揺さ振ることなんじゃないかと筆者は考える。その「人々」にはもちろん自分自身も含んでいる。
それゆえに音楽に国境は無いなどと言われているんじゃないだろうか。
だが私はこの言葉は間違っていると思う。
「DNAが国ならば、音楽はその住民票である。」
なぜなら振動しない生物などこの世に無い、ということを言いたかったのだがビックリするくらい上手い言い方が思い浮かばなかった。やっぱり国境云々のほうがしっくりくるみたい。

要するに音楽をするというのは特別なことではなくて、誰しもが一度は触れたいと思うジャンルに属してると思うんですよ。ええ。
そして大抵のバンドはギター・ベース・ドラムを擁してるわけですよ。
そうなればその中の一つに触れたいっていうのは特別なことじゃないじゃないですか?







だからベースを買ったからっていちいち「弾いてるの?弾いてるの?」とか聞くんじゃない!












弾いてはいる。


ただ奏でてはいない。



「弾(はじ)いている」と言うのが正しい。



ベースのあの「ブーン」という重低音は心地が良い。
闇雲に鳴らすだけでもストレス解消になる。

別に全力で自己弁護してるわけじゃないですよ?
ただ誰一人としてこの理論に同意してくれる人はいない。
まあ値段が値段だからだろうが。
あとみんなベースのポテンシャルをナメている。

それはいずれ別の企画で発表する予定なので多くは語らないが、一つ挙げるとしたら、それにベースはそこに在るだけで絵になる楽器の一つなのさ。
そこで朝五時から同輩の能村君(負け犬祭主宰)に手伝ってもらった。




料理の合間に。
guiternomura.jpg







寝る前の愛の語らいに。
sssoinenomura.jpg









朝起きてまず初めに。
asanonomura.jpg










能村君サンキュー。
こんなにも生活に密着できる楽器が今までにあっただろうか。
ギターには無理だ。

理由は言えないがとにかく無理だ。


中には心無い人から「チューニングも出来ないのに買うなんて楽器が可愛そうだ」と怒られたりもした。




もっともだ。





だけど大事に扱ってるから私はベースに恨まれてはいないと信じている。


だからこれは失敗じゃない!成功の途中だと言い切って終わりにしようと思います。
posted by 又吉 at 06:46| ☔| 敗戦記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

加湿器

kasituki1.jpg

以前公演の稽古期間中の出来事なんですが、朝起きるとノドがやたら痛い時期がありまして。

その時は役者をやっていたので「こりゃノドのケアをしなきゃ」と部屋を乾燥させないようにと加湿器を購入したといういきさつ。

見た目で分かるように随分スタイリッシュ。
値段も手ごろで結構良い買い物なんじゃねーかと思っていたんですが・・・・・・。


ちょっと小さい。



部屋を潤わせる目的なのに、全然潤わない。



コンパクト過ぎて機能がいささか、弱い。







kasituki1.jpg
kasitukihiki copy.jpg








これはしくじったと思い、今度は大きいやつを購入。


nationalkasituki.jpg


これは充分な機能を備えていた。
潤ってるのも実感できた。
これでノドのケアは万全だ、と思ったのに、またまたノドが痛くなった。


なんてことはない。どうやら前日に酒を呑んでたかイビキでノドがやられていたらしい。つまり部屋の乾燥とは何の関係も無かったのだ。










乾燥のせいじゃ無かった・・・。
kasituki1.jpg











Natoinal製品じゃなくても良かった・・・・・・。
nationalkasituki.jpg









加湿器を二台も持ってるなんて役者の鑑なんじゃないかと人には言っていたが、単に自分の状態を把握出来てなかっただけなんて、とても人には言えなかった。

今回の敗因理由は、何かと理由を付ければモノを買ってしまいたくなる衝動を、オークションは増長させるので、気をつけましょうという教訓だった。

あと自分の体は把握できるようにしましょうってこと。
後者が大事。てかほとんど後者。


posted by 又吉 at 02:29| ☔| 敗戦記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。