プロフェッショナルファウルの又吉が、過去にネットオークションで購入した商品の中で、惨敗したものを紹介。
なぜ惨敗したのかを分析しつつ、これからネットオークションをしようと試みている若手への黙示録的呟き。

2008年08月07日

敗戦記終了。

無事に僕が負けてきた品々は紹介できたと思います。

まだまだあったはずなんですが、すぐさま捨てたかあげたで記憶にも残っていません。だけど今回紹介したものの総額を考えるとちょっと震えてしまいます。
一時の勢いで、しかもネットという気軽な媒体での安直な購入はやるもんじゃないと思います。安物でも、塵も積もればですね。

今までありがとうございました。
ですが今回は敗戦品を紹介しただけなので、まだまだ元を取った気がしません。ですので、元を取るためにもまたこれらを使って何かしてやろうと思います。


今度は「ネットオークション再生記」でお会いしましょう。ではでは。


posted by 又吉 at 22:35| 🌁| 敗戦記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

演技者DVD BOX 2

enngimono.jpg

これに収録されているナイロン100℃で上演された「室温〜夜の音楽〜」が欲しくて、どうせならボックスで買ってやれ、と購入しました。

予想通りもの凄く面白かった。V6のトニセンの三人も頑張ってたし。

だが残りの二つは面白くなかった・・・・・・。残念でしょうがなかった。

トータルで見たら「室温」だけ買ったほうがサイフに優しかったと思います。

「ボックス」という響きと、ボックスに付いて来る「特典映像ディスク」に惹かれて買ってしまったところが敗因だと言える。


面白いものだけでボックス化されていたらありがたいのだが、私が見たいと思うのは各ボックスに一つずつしか入ってない。

これは演技者の策略だろうかと思ってしまう。ちきしょー。


あとボチボチ失敗作が無くなってきました。来週あるかどうか。
posted by 又吉 at 23:55| 🌁| 敗戦記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

天井に水面を映し出すルームパレット

roomparet.JPG



ライト内部が動くことにより、海面のような不思議な光が

天井や壁に優しく映し出されます♪

★角度を自由に設定し、楽しめる癒しのインテリア★




という謳い文句に心揺さ振られたというのもあるんですが、なんてったって室内で海のあのゆらめきが創れるとは!

ってなことで即座に落札した商品です、これ。

これを室内で灯せば、女の子にモテモテ 心休まる事間違いなし!ウキウキしながら室内で試したんです。そしたら・・・


















我が家の天井は木目だった・・・・・・。



















木目・・・・・・。
tennzyoumokume.jpg
















全然映らねえでやんの。

しかも安物のせいなのかライトもかなり微弱。だいぶ天井に近い位置で点けないと部屋の豆球にも負けるほど。確か誰かに上げた気がします。


商品を買うときは、それをどのように使うかをよくイメージして買うこと。これ最初のジョージコックスの時にも書いてたな。
posted by 又吉 at 07:44| 🌁| 敗戦記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

赤と黒の市松模様のジャージ

tegaki1X5.jpg

これは栄えある失敗一発目の品ですね。あまりの悔しさにすぐ捨てた記憶があります。なので今回は手書きでの説明です。あしからず。

赤と黒の配色を用いており値段もそこそこなこのジャージ、なぜ失敗したのかというと・・・・・・、

















やっぱり子供用と知らずに買ってしまったことかしら。
















とりあえず着てみた図
tegaki2.jpg


















ジャージなのに動きづらいってのはおかしい。

この時から僕はネットオークションで細かくサイズを気にするようになりましたね。皆さんも、デザインで「これは大人用に違いない」と勝手に思い込まないように。思い込まないだろうけど。

posted by 又吉 at 07:06| 🌁| 敗戦記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

ベース

base.jpg

音楽とはなんだろうか。

それは空気の振動を通じて、人々の心を振動、揺さ振ることなんじゃないかと筆者は考える。その「人々」にはもちろん自分自身も含んでいる。
それゆえに音楽に国境は無いなどと言われているんじゃないだろうか。
だが私はこの言葉は間違っていると思う。
「DNAが国ならば、音楽はその住民票である。」
なぜなら振動しない生物などこの世に無い、ということを言いたかったのだがビックリするくらい上手い言い方が思い浮かばなかった。やっぱり国境云々のほうがしっくりくるみたい。

要するに音楽をするというのは特別なことではなくて、誰しもが一度は触れたいと思うジャンルに属してると思うんですよ。ええ。
そして大抵のバンドはギター・ベース・ドラムを擁してるわけですよ。
そうなればその中の一つに触れたいっていうのは特別なことじゃないじゃないですか?







だからベースを買ったからっていちいち「弾いてるの?弾いてるの?」とか聞くんじゃない!












弾いてはいる。


ただ奏でてはいない。



「弾(はじ)いている」と言うのが正しい。



ベースのあの「ブーン」という重低音は心地が良い。
闇雲に鳴らすだけでもストレス解消になる。

別に全力で自己弁護してるわけじゃないですよ?
ただ誰一人としてこの理論に同意してくれる人はいない。
まあ値段が値段だからだろうが。
あとみんなベースのポテンシャルをナメている。

それはいずれ別の企画で発表する予定なので多くは語らないが、一つ挙げるとしたら、それにベースはそこに在るだけで絵になる楽器の一つなのさ。
そこで朝五時から同輩の能村君(負け犬祭主宰)に手伝ってもらった。




料理の合間に。
guiternomura.jpg







寝る前の愛の語らいに。
sssoinenomura.jpg









朝起きてまず初めに。
asanonomura.jpg










能村君サンキュー。
こんなにも生活に密着できる楽器が今までにあっただろうか。
ギターには無理だ。

理由は言えないがとにかく無理だ。


中には心無い人から「チューニングも出来ないのに買うなんて楽器が可愛そうだ」と怒られたりもした。




もっともだ。





だけど大事に扱ってるから私はベースに恨まれてはいないと信じている。


だからこれは失敗じゃない!成功の途中だと言い切って終わりにしようと思います。
posted by 又吉 at 06:46| ☔| 敗戦記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

加湿器

kasituki1.jpg

以前公演の稽古期間中の出来事なんですが、朝起きるとノドがやたら痛い時期がありまして。

その時は役者をやっていたので「こりゃノドのケアをしなきゃ」と部屋を乾燥させないようにと加湿器を購入したといういきさつ。

見た目で分かるように随分スタイリッシュ。
値段も手ごろで結構良い買い物なんじゃねーかと思っていたんですが・・・・・・。


ちょっと小さい。



部屋を潤わせる目的なのに、全然潤わない。



コンパクト過ぎて機能がいささか、弱い。







kasituki1.jpg
kasitukihiki copy.jpg








これはしくじったと思い、今度は大きいやつを購入。


nationalkasituki.jpg


これは充分な機能を備えていた。
潤ってるのも実感できた。
これでノドのケアは万全だ、と思ったのに、またまたノドが痛くなった。


なんてことはない。どうやら前日に酒を呑んでたかイビキでノドがやられていたらしい。つまり部屋の乾燥とは何の関係も無かったのだ。










乾燥のせいじゃ無かった・・・。
kasituki1.jpg











Natoinal製品じゃなくても良かった・・・・・・。
nationalkasituki.jpg









加湿器を二台も持ってるなんて役者の鑑なんじゃないかと人には言っていたが、単に自分の状態を把握出来てなかっただけなんて、とても人には言えなかった。

今回の敗因理由は、何かと理由を付ければモノを買ってしまいたくなる衝動を、オークションは増長させるので、気をつけましょうという教訓だった。

あと自分の体は把握できるようにしましょうってこと。
後者が大事。てかほとんど後者。


posted by 又吉 at 02:29| ☔| 敗戦記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

モフモフっとした、一見するとまるでイエティのような白い服

kegawaCAHODJU4.jpg

冬用になんかセーター的なもので面白い服ないかなぁとまたもやヤフオクの中にダイブしていた頃です。
好きなブランドを検索ワードに入れてそこから探す、という検索方法をしていたら四時間くらい見続けていてびっくりしたことがあります。確かこれを買ったのがその頃。目を血走らせてヤフオクをしてた頃ですね。

だけどネットで洋服を買うのに注意しなければならないのは、サイジング。試着出来ないので、寸法などを頼りに自分で予想しなければなりません。
商品情報に目を通すと「サイズはフリーとなっております」とのこと。
最大の難関は突破したぜ。へへへ。

写真を見ただけで分かるこのモフモフ感。こいつぁ暖かそうだ!と食いつきました。
値段は・・・まあ荒木飛呂彦先生の「変人偏屈列伝」が定価で三冊は変えるランク。結構しました。
でもこのモフモフ感ならその価格もまた良し!と早速入札、そして無事落札した訳です。



ワクワクしながら着てみました。

身長が、決して高いとは言えない僕にはバランスが悪いことに気づきました。



どこがフリーサイズなんだ。
万人に、ジャンルフリーに使えるもんじゃないのかフリーサイズって。
これは絶対身長が170以上の細身の人が似合うように出来ているよ。ちきしょー。
白という膨張色と服自体がボリューミーに見えるモノだから、明らかにターゲットを細身の人間に絞ってることに後で気づく私。迂闊だった。

でもこの服。手触りなどは評判が良かった。一度もコーディネートを褒められたことは無いが、結構な人に触られる。もちろん自分でも触る。手触りは良い。

だからむしろ、この服が一番活きる使い道は、ラグマットだったりクッションだったりなんじゃないかと思っています。でも私は、この服の値段を知ってるだけにそんな使い道をする勇気は持てないでいます。
とりあえず僕だけが似合わないのは悔しいので、昆君に試しに着こなしてみてもらいました。





モデル意識の昆
konkegawa1CA4NYE4A.jpg







CanCan風の昆
konkegawa2CAI3H9M9.jpg







雲竜型の昆
konkegawa3CAN1L7Y3.jpg


やっぱり似合わないのは僕だけじゃないみたい。少し安心。
残念なことに、今やこの服は押入れの奥の、プロレスのマスクや面白グッズの中に籍を置くこととなっています。
皆さん、身の丈にあった洋服選びを!
posted by 又吉 at 14:34| ☔| 敗戦記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

風呂場でも聞ける防水スピーカー

CAV111.jpg

家でリラックスするところと言えばトイレだそうですね。次にお風呂だそうです。
うちはユニットパスなのでリラックススペースの1位と2位が共有してるわけです。

ここを充実させない手は無い。

トイレでのリラックスは雑誌などを持ち込むことでオーケーとして、問題は風呂。
やはり風呂では歌うもんだということで、ラララと歌っていたら、以前友人らが訪ねて来た時に目撃されまして。それでヒかれて以来ちょっと遠慮してました。

だけどそれは、風呂の中から素敵な音楽が流れていなかったからじゃねえかと。
アカペラだったから友人らはヒいたんじゃねえかと思った次第でして。
そんなら素敵な音楽を風呂内に響かせてやろうと買ったのが今回の防水スピーカー。
ipodに繋いで自分の好きな曲をリラックススペースで聞けるこの幸福感。

疲れて帰って来たらcobaの「How sweet!」

フットサルの後にはOFFSPRINGの「One Fine Day」

むしゃくしゃした時はRADWIMPSの「へっくしゅん」

飲み会明けの朝はBEGINの「オジイ自慢のオリオンビール」

選曲に他意はあまり無いけど、これらで毎日のリラクゼーションタイムをより効果的に!と思った矢先でした。
ipodが壊れたのは。






CAV111.jpg






・・・。

聞けない。

何も聞けない。

cobaも、

オフスプも、

ラッドも、

ラジオですら、

何も奏でないスピーカー。
CAV111.jpg

バスタオルの置き場所を狭めるスピーカー。
CAD2220.jpg



邪魔である。
もはやこれはただの防水されてる箱にしかなっていない。
見た目も大して和むような代物じゃないし。
ドア閉めるたんびにガコガコぶつかるし。

このままでもしょうがないんで、昆君にファッションの一つとして着こなしてみてもらいました。

CAU3333NMJ.jpg


早くipodの代わりを買おうと思います。もちろんネットオークションで。
posted by 又吉 at 15:51| ☔| 敗戦記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

手のオブジェがくっついている灰皿

kailimosugu-img450x600-1190799559z.jpg


新しいデスクを購入した時のこと。タバコを吸う為にデスク用の灰皿が欲しいなぁとオークションを検索していました。
近所の雑貨屋でも探したが、なかなか面白味のある灰皿が無かったのだ。面白味と、容量と、荒い勝手の良さを兼ね備えたものが。

そこで見つけたのが今回のコレ。手のオブジェのところにタバコが一箱スッポリ入るという優れモノ。手前にはライターも入るらしい。

これは良い。

見た目も面白い。

そしていつでも「さあ、タバコを吸いなさい」と差し出さんばかりの勢いではないか。

もちろん即決。値段も1200円程とだいぶリーズナブル。まあ送料とか振り込み手数料等で+1000程はかかるからさしてリーズナブルって程じゃないけど。
届くや否や、早速配置。デスクのモダンな雰囲気にも合って、これは良い買い物したなぁーと微笑む。
早速タバコを吸ってやろうとタバコを手に差し込んだ。


・・・。

・・・・・・。

ん?

入らないぞ?

微妙に指の幅が邪魔して、

どの角度でもスッポリいかない・・・・・・。

CAMFZ4FD1.jpg
CADKHTW22.jpg



なにそれ!!

この手にタバコがハマらなかったら、なんかもがき苦しんでる人の手のオブジェじゃない!

kailimosugu-img450x600-1190799559z.jpg

madrid-sophia-guernica.jpg

tabunnkoreda.JPG

うわあやられた。ボックスが細いのも試したけど、今度はスッと落ちやがる。
極めつけは、ライターは入ってもジッポは入らないという間口の狭さ。そこも入るサイズにしなさいよ。デザイナーの人。

ハッキリ言えば私に敗因は無いはずなのだが、デザインが素敵でも結局使い勝手が良くないとお気に入りにはならないということ、かなぁ。
よくよく考えたら、あんまり灰を溜められないし、その灰を小まめに落とすのに一々タバコやらライターやらを外さないといけないしね。
今は普通のを買いました。リサイクルショップで使い勝手の良いヤツをね。

そしてもがき苦しんでいた手のオブジェは、今やお香容れとなったとさ。


CA5RJV9P33.jpg



「後方支援は任せろ」への3つのワード
・「困ったときはとりあえず」
・「酒のせいに全てして」
・「笑うしかない泣くしかない」
でよろしく。
posted by 又吉 at 03:24| ☔| 敗戦記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

赤×黄のジョージコックス

CAX2SG4W.jpg

何年か前にラバーソールが流行ったじゃないですか。そうあの厚底の靴。その中でも王道だったのがジョージコックスだったので僕も一つ買ってやろうとヤフオクを検索してみたんですよ。

すると目に飛び込んで来たのが赤と黄色がマーブル状に流れるデザインのイカしたやつ。ジョージコックスがこんなデザインのを発売してるとはつゆ知らず、ふふふ、こいつは攻めてるなと思った次第で。

これは買いだな、と思った時にはすでに入札した後だった。でもさすがに26,000円くらいしたので少し軽率だったかな、と少し思ったけど。まあでも買っちゃったし。カッコいいし。その時は金銭感覚バカみたいだったし。でも靴にならお金使ってもいいかなーと思い込んじゃってたし。とにかく軽率だったんですね。はい。

当時、実家から大学へ通いだったキョウスケのやつが飲み会などあるとウチに泊まることが多く、この靴が届いた朝も泊まっていた。眠そうなキョウスケに僕は嬉々として

「どう?この靴カッコ良くない?」

などと尋ねたら、やつは

「・・・何そのドラゴンフルーツみたいな配色は」

「・・・・・・。」

ドラゴンフルーツ・・・。

drua-01.JPG

もうこの時点でほぼ敗戦状態。
そう言われたら、もうドラゴンフルーツにしか見えなくなってしまっていた。
そしてこのドラゴンフルーツ。非常に服と合わせづらい。色々試したがどの服ともケンカしてしまう。なので今も買ったときの状態を保っています。

単品ではカッコ良くとも、それを如何様に合わせるかを考えずに購入した為の一敗だった。
というか単品でもカッコ良くないと多数言われるのが、少し心配。
posted by 又吉 at 14:25| ☔| 敗戦記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。